サラフェプラスに副作用はあるの?パラフェノールスルホン酸亜鉛の毒性は?

サラフェプラスに副作用はあるの?

サラフェプラスに副作用はあるのでしょうか?

 

サラフェプラスは、パラフェノールスルホン酸亜鉛という成分によって汗を抑えます。

 

 

でも、制汗効果が強力だと、肌荒れやかゆみ、吹き出物などの副作用の原因にならない?そんな心配が出てきますよね。

 

そもそもパラフェノールスルホン酸亜鉛とは、汗や皮膚に含まれるたんぱく質と反応することによって、血管や組織を縮めて、汗の分泌を抑えたり、肌を引き締める作用があります。

 

これを収れん作用といい、止血、鎮痛、防腐など効果があり、制汗剤のほかにも、化粧品や医薬品にも使われています。

 

濃度の高いパラフェノールスルホン酸亜鉛は、肌に悪影響が出る可能性がありますが、本来は、パラフェノールスルホン酸亜鉛自体は毒性の低い成分なので、厚生労働省が定めた配合量の製品ならば、まずトラブルは起きません。

 

敏感肌である私も、肌荒れなどのトラブルは一切なく、快適に使っています。

 

ただし、絶対に副作用は起こらないとはいえません。化粧品や医薬品でも、過敏に反応をしてしまう人というのはいますから。

 

でも、サラフェプラスは敏感肌の人でも使えるように作られている製品なので、副作用のリスクはかなり低くくなっています。

サラフェプラスは安全な顔汗用の制汗剤

サラフェプラスは顔に塗る制汗剤なので、成分や安全性にこだわって作られています。

敏感肌に優しい成分

ワレモコウ・茶・シャクヤク・ソメイヨシノ葉・オウゴン・ボタン・ノイバラ果実・タイム・ダイズ種子といった天然の植物由来の成分で、汗を抑え、肌を美しく整えてます。

 

肌の負担になる成分を排除

合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン・動物由来原料・紫外線吸収剤といった添加物を排除して、敏感肌の人が使えるようになっています。

 

日本製の医薬部外品

サラフェプラスは、医薬品レベルの厳しい製造・管理を行っている国内の工場で作られています。

 

サラフェプラスは、赤ちゃんでも使えるくらい優しい成分となっています。

 

何よりサラフェプラスは、デリケートな顔用に作られた制汗剤です。

 

開発のきっかけは、顔汗に悩む女性社員の存在でした。「顔汗に悩む女性は思いのほか多い」ということから、サラフェプラスの研究開発がスタートしました。

 

女性社員たちが開発に携わった製品だからこそ、安全性や副作用、使い心地、制汗効果などすべてにこだわった顔汗用の制汗剤となっています。

 

それでも、肌荒れなどの副作用が起こった!でも返金保証が付いているから大丈夫です。

 

万が一の時には、解約・返金手続きを行えば、代金が戻ってくるので、リスクなしで試すことができます。

 

敏感肌の人でも使える成分にこだわり、それでも副作用が起こった時の事態まで想定して、返金保証までつけています。

 

もし、顔汗で悩んでいるなら、試す価値がある製品といえます。

 

初回3,600円オフで

購入できます

↓↓↓

 

サラフェプラスの全成分
【有効成分】
フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5-オール、
【その他の成分】
シャクヤクエキス、ワレモコウエキス、大豆エキス、茶エキス-1、オウゴンエキス、ユキノシタエキス、タイムエキス-1、エイジツエキス、ε−アミノカプロン酸、サクラ葉抽出液、牡丹エキス、水添大豆リン脂質、スフィンゴ糖脂質、濃グリセリン、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、グリチルレチン酸ステアリル、ビタミンCテトライソパルミテート、塩化Na、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、BG、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、メントール、香料