サラフェの効果をより発揮させるために顔にばかり汗をかく原因と対策を知る

ひどい顔汗の原因と対策

顔汗がひどい!なんで私だけ・・・

 

健康なら汗をかくのは自然のことですが、人並み外れての顔汗は困りものですよね。

 

そんなときの強い味方がサラフェですが、サラフェの効果をより発揮させるために、大量に顔汗をかく原因を知って、対策をすることも大切です。

顔にばかり汗をかく原因

人間は全身に300万以上の汗腺があり、体温を調節するために、汗をかきます。

 

ところが、汗をかくことが少ない生活を送っていると、しだいに汗腺は退化していきます。

 

例えば、運動不足やエアコンの中に長時間いる生活をしていると、汗をかかないために、汗腺がお休み状態になってしまいます。

 

このとき、手や足、下半身など生命に大きな影響がでない部分の汗腺が休眠します。ようは、体温調節ができなくなっても、生きていく上で問題の少ないところの汗腺が働かなくなるのです。

 

逆に、顔や頭、胸、わきの下など生命活動にかかわる重要な部分の汗腺はお休み状態になることはありません。すると、体温調節のために汗をかく際に、顔やおでこ、胸、わきの下など部分的に大量の汗がでるようになります。

 

これが、顔にばかり汗をかく原因です。

 

顔汗がべたつくのはなぜ?

顔からでる汗はベタベタして気持ちが悪いですよね。

 

普通、全身からでる汗はサラサラしていて、すぐに乾きますが、運動不足などで汗をかくことが少なくなっていると、汗腺の働き自体が衰えているために、汗のかきかたが下手になってしまいます。

 

詳しくいうと、汗は血液から作り出されます。血液の中の血漿という成分が汗になるのですが、血漿には身体にとって必要なミネラルが含まれています。

 

ですから、汗として排出される前に、ミネラルは体内に再吸収される仕組みとなっています。

 

ところが、汗腺の働きが衰えていると、この再吸収がうまくできず、ミネラルの混ざったベタベタの乾きにくい汗になってしまいます。

 

悪い汗はベタベタして乾きにくい

悪い汗は乾きにくいために、体温調節がうまくできずに、身体に熱がこもったり、必要以上に大量に汗をかくために、体力を消耗して、夏バテにかかりやすくなったりします。

 

また、汗と共にミネラルが失われるので、熱中症をおこす恐れもあります。

 

いい汗はサラサラで乾きやすい

いい汗は、体温調節がうまくできるので、熱中症になりにくいだけではなく、美容や健康にいいといわれています。

  • 肌に雑菌が繁殖しにくい
  • 肌の新陳代謝を正常化
  • 体内の毒素を排出
  • ストレス解消

ただし、いい汗であっても、汗をかいたら放置しないようにしましょう。

 

汗をかいたままでいると

  • 肌のバリア機能が低下
  • 肌の乾燥の原因

汗が冷えて蒸発する時に、汗と一緒に肌の潤いも失われます。そうなると、肌は乾燥を防ごうとして、皮脂をたくさん出すために、肌がべたつきやすくなり、ニキビなどの原因にもなります。

 

汗をかいたら、「こまめに汗を拭く」「保湿をする」この2点を徹底しましょう。

 

最後に、顔汗を解消して、全身でいい汗をかけるようになるために心がけたいのが「適度な運動」「入浴」です。

 

顔汗改善には運動と入浴が有効

全身にいい汗をかく一番の方法は有酸素運動。どこを調べてもウォーキングを勧めていますね。

 

ウォーキングには、さまざまな健康効果がありますね。例えば、ダイエット、肩こり解消、血行促進、ストレス解消など。

 

う〜ん、頭ではいいとわかっているのですが、でも、運動をする時間が取れない(単に面倒くさいだけ)

 

運動以外で、汗をかく方法はないの?ありました〜、お風呂です。お風呂は入り方しだいで、顔汗を解消して、健康にもいい効果を与えます。

 

お風呂なら必ず毎日入るから問題なしですね。

 

ただし、いい汗をかくために入り方にちょっとしたコツがあります。決して難しくはないので、ぜひ試してみてください。

 

上手に汗をかくお風呂の入り方

お風呂で汗をかくためには、熱めのお湯に入るというイメージがあるかもしれませんが、これは間違いです。たしかに熱いお湯に浸かると、全身が温まったような気がしますが、身体の芯は温まっていないことが多いのです。

 

また、熱すぎるお湯は身体に負担をかけてしまう場合もあります。温泉に行った時に、ついつい長風呂をして、疲れてしまった経験はありませんか。これは、熱いお湯に長時間入って、体力を消耗してしまったからです。

 

顔汗を改善するためには、「カラダの芯から温まって、じっくりと汗をかく」

 

そのためには、ぬるめのお湯に20分以上入るのがいいといわれています。

 

これによって、全身から汗をかけるようになれば、顔にばかり集中的に汗をかかなくなります。

 

ぬるめのお湯とは何度くらいのお湯でしょうか?

 

入浴に適した温度は一般的に38℃から42℃くらいといわれています。

  • 38℃はぬるめ
  • 40℃〜41℃はちょうどよい湯加減
  • 42℃は熱め

ただし、お湯の好みには個人差があるので、自分で気持ちがいいと感じるくらいが適温だと思います。

 

また、季節によっても適温は変わってきます。夏は38℃くらい、冬は40℃くらいになります。

 

顔汗改善のために実践にしている入浴法

まずお風呂に入る前に水分補給を忘れずに!といってもコップ1杯ほどのミネラルウォーターを飲んでいるだけです。

 

気温が低い秋から冬
冬は全身浴にしています。

 

半身浴がいいといわれていますが、冬は、正直半身浴はキツイ!上半身が冷えて、かえって汗をかけないので、全身しっかりと浸かって温まるようにしています。

 

換気扇は切っておきます。換気扇オンで入っていると、風呂場全体の温度が下がって寒い・・・

 

ふたを閉めて、顔だけ出して入ります。プチサウナ状態で、かなり温まるので冬はオススメです。(お湯も冷めにくくなるので一石二鳥♪)

 

気温が高い春から夏
逆に気温が上がってくる季節は、ぬるめのお湯で半身浴、換気扇のスイッチをオンにしておくと、長時間入ってしっかりと汗をかくことができます。
ついシャワーで済ませがちですが、エアコンの中にいることが多い夏こそ、意識して湯船に浸かるようにしています。

 

発汗効果のある入浴剤を使う
ドラッグストアには、発汗作用のある入浴剤がたくさんあるので試しています。

 

例えば、塩入り、唐辛子入り、生姜入りなどいろいろあるので、お気に入りの入浴剤を見つけるのも楽しいですよ。

 

ぬるめのお湯に入るメリット

「寝る前にお風呂に入るとよく眠れる」といいますね。

 

これは、入浴によって副交感神経が優位になるためです。副交感神経には、リラックス効果があるため、眠気を催し、ぐっすりと眠ることができます。

 

タイミングとしては、就寝前の30分から1時間前がベストといわれています。(※お風呂に入ってすぐは逆に寝つきが悪くなるので要注意)

 

良質の睡眠は、顔汗の解消に効果的といわれています。

 

なぜなら、睡眠にはホルモンバランスを整える働きがあります。睡眠不足でホルモンのバランスが崩れると、汗腺の調節機能がうまく働かず、顔汗の原因になります。

 

運動する時間を確保できない、面倒で続かない人は、ぜひお風呂で汗をかくようにしてみてください。お風呂には、顔汗解消だけでなく。さまざまな健康効果が期待できて、続けやすいのでオススメです。

 

最後に忘れはならないのが、お風呂上がりの清潔な肌にサラフェを塗ること

 

サラフェを就寝前に塗ると、翌日の汗の量がぐんと減ります。

 

サラフェは夜寝る前に塗っても、肌には一切負担はかかりません。それどころか、サラフェには天然由来の美肌成分がたっぷりと配合されているので、スキンケア感覚で使ってOKなのです。

 

顔汗改善のためには

  • 適度な運動
  • 顔汗に効果的な入浴法
  • サラフェを使う

この3つで決まりです(^^)/

 

>>サラフェを実際に使ったレビューを確認したい方はこちら

 

>>サラフェの購入ページはこちら