サラフェは更年期の顔汗を抑える?

サラフェは更年期の顔汗を抑える?

サラフェは更年期の顔汗に効果はあるのでしょうか?

 

サラフェ

更年期が原因の顔汗は、気温や季節に関係なく突然暑さを感じて、大量の汗をかく!ホットフラッシュという症状ですが、何より困るのが、誰も汗をかいていない状況で自分だけ汗をかいていることです。
ここでは、40代から50代の更年期の顔汗に悩んでいる女性の口コミを集めて検証してみました。

 

結論から言うと、サラフェを使って良かったという口コミが圧倒的に多くありました。では、40代〜50代のサラフェ使用者の口コミを見てましょう。

サラフェの口コミ〜40代から50代編〜

●今ではほとんど顔汗を気にせずに過ごせます。
40代に突入してから汗の量が突然多くなり、漢方やサプリメントでも効果がなく、病院に行っても更年期だから仕方ないと言われたました。サラフェを使い続けたお陰で、今ではほとんど顔汗を気にせずに過ごせます。私のような年齢で同じように悩んでいる人も多いと思います。そういう方達にはぜひ一度試してみて欲しいと思います。

『49歳 鹿児島県 女性』

●こまめに付けることでストレスも感じなくなりました。
暑くもないのに顔から汗が噴き出してきます。私の場合は、サラフェを朝つけるだけでは足りませんが、それでも人に会う前につけると、だいぶ違います。こまめに付けることでストレスも感じなくなりました。

『51歳 群馬県 女性』

●サラフェを使うことで顔の汗が少なくなりとても嬉しいです。
ほてりや発汗などの更年期の症状が出た頃から、顔の汗が酷くなりました。サラフェを使うことで顔の汗が少なくなり、とても嬉しいです。とりあえず更年期の症状がなくなるまでは使っていこうと思います。

『51歳 茨城県 女性』

●本当に助かっています。
更年期になって汗が急に出てくるようになり、特に顔の汗の悩みはなかなか解決されず困っていました。サラフェを使
うようになってからは困ることは滅多になくなり、本当に助かっています
『53歳 茨城県 女性』

●購入して良かったです!
更年期の症状の中でも、特に酷いのが顔の発汗でした。急に汗が出てきて垂れてくるんです。サラフェをつけるようになってからは、酷い時でなければ垂れることはなくなり、顔汗のストレスもだいぶなくなりました。最初試す時は半信半疑でしたが、購入して良かったです!

『49歳 京都府 女性』

 

サラフェは更年期の顔汗にも効果が期待できる制汗クリームというのがわかります。

 

>>お得に購入できる公式サイトはこちら

 

でも、いい口コミに後押しされて、使ってみたけど効果なしだった(´・ω・`)

 

そんな場合には、返金保証を利用すればいいのですが、その前に、せっかく使うなら、きちんとサラフェの効果を発揮できるようにしたいですよね。

 

そこで、ここでは更年期の発汗の原因と対策を紹介します。サラフェ以外の更年期対策をすることで、サラフェの効果をより発揮させましょう。

 

更年期で顔汗がひどくなる原因

更年期の典型的な症状の1つにホットフラッシュがあります。

 

ホットフラッシュの症状には、発汗のほかに、のぼせやほてりがあります。また、上半身には大量の汗をかいているのに、下半身や手足は冷えてるのもホットフラッシュの特徴です。これは、体温調節の機能がうまく働かなくなっているために起こります。

 

更年期を迎えると、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が低下してきますが、実は、エストロゲンには汗腺の調節機能をつかさどる働きがあります。

 

エストロゲンの分泌が減少することによって、自律神経のバランスが乱れ、汗腺の調節機能がうまく働かずに、ホットフラッシュを起こします。

 

特に、顔の中でもおでこには、エクリン汗腺が分布が集中しているため、大量の汗が出やすくなります。

 

しかも、更年期の顔汗は、精神性発汗のためにべたべたして、ニオイが発生しやすい汗です。

 

ただし、更年期の発汗は、更年期を過ぎれば自然と治まります。そうはいっても、あまりにも汗がひどいのはつらいし、人前に頻繁に出る人の場合は困りますよね。

 

更年期の顔汗の対処法

更年期対策には、生活習慣の改善から病院での治療があります。自分の症状のレベルに合わせて、対処していくことが大切です。

 

病院で検査を受ける
更年期でも症状が重い場合には、我慢せずに病院で検査を受けて、症状にあう治療を受た方がいいでしょう。婦人科もしくは更年期外来のある病院に行きます。

 

突然の多汗には、病気が隠れている場合もあるので、汗がひどすぎたり長引く場合には、検査を受けて確認することも大切です。

 

更年期の主な治療は「ホルモン補填療法」で、注射や飲み薬になります。

 

「プラセンタ注射」も更年期の緩和に有効といわれています。プラセンタ注射は、病院によって取り扱いのないところもあるので、事前に確認しましょう。1回で1,000円〜2,000円くらいが相場といわれています。

 

薬物治療以外では、普段の生活習慣で更年期の顔汗を緩和することもできます。

 

食生活で更年期を緩和する
イソフラボンを含む食品は更年期の緩和に有効といわれています。代表的なものとして、大豆やみそ、しょうゆなどの大豆加工食品に多く含まれています。イソフラボンは、女性ホルモンエストロゲンに似た作用があり、更年期の緩和に効果的といわれています。

 

適度な運動で更年期を緩和
更年期は、女性ホルモンエストロゲンの分泌が減少し、自律神経のバランスが崩れることによって起こります。

 

自律神経を整えるのに有効なのが、ウォーキングや水泳、ジョギング、縄跳び、サイクリングといった有酸素運動です、

 

適度な運動は、ストレス解消、血行促進の効果があり、女性ホルモンの分泌を高めてくれます。

 

また、運動することでぐっすりと眠ることができるので、睡眠中の成長ホルモンの分泌にもいい影響を及ぼしてくれます。

 

お風呂で血行を良くする
先ほども述べた通り、更年期は自律神経の乱れで起こります。

 

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。交感神経は緊張した時に働く神経で、副交感神経はリラックスした時に働く神経ですが、更年期の女性は「交感神経」が優位に働きやすくなっています。

 

交感神経が優位になっていると、緊張状態になっているので、動悸やのぼせ、発汗などの原因になってしまいます。

 

更年期に大事なのは、副交感神経を働かせ、心身共にリラックスすることです。最も簡単に副交感神経を活性化させる方法が「入浴」です体が温まって、血行が良くなることによって、副交感神経が働きやすくなり、リラックス効果が得られます。

 

効果的な入浴方法は、38℃〜40℃くらいのぬるめのお湯に約20分ほどじっくりと浸かることです。

 

更年期は、上半身や顔などが熱くなって火照りますが、下半身や手足の末端は冷えています。ですから、半身浴も効果的です。

 

また、アロマオイルをプラスするのもいいですね。香りのリラックス効果が期待できます。

更年期の緩和に良い生活習慣で内側からのケアと、同時にサラフェで外側からのケアを行うことによって、顔汗を抑える効果が高まるでしょう。

 

ただし、生活習慣の改善は、即効性はなく、長い目で見る必要があります。でも、今すぐ顔汗を抑えたい時に、サラフェは役立ちます。

 

>>お得に購入できる公式サイトはこちら

page top